第66回全国茶品評会農林水産大臣賞受賞の方より...

 第66回全国茶品評会普通煎茶10kgの部で農林水産大臣賞を受賞された方から祝賀会用の急須セットをご用命いただきました。

 「全国茶品評会」とは、年に一度開催される「全国お茶まつり」大会の主要イベントです。
 「普通煎茶10kg」「普通煎茶4kg」「深蒸し煎茶」「かぶせ茶」「玉露」「てん茶」「蒸し製玉緑茶」「釜炒り製玉緑茶」の8部門において、全国の茶産地から出品された茶の審査が行なわれ、その年の優秀な茶を選定し、最高賞の農林水産大臣賞をはじめとする各賞が与えられるそうです。



 今年は静岡県静岡市で第66回全国茶品評会が開かれ、先ほどの8部門に21都府県から833点の出品がありました。そして普通煎茶10キロの部で鹿児島県霧島市の春香園製茶・有村春明様が最高賞の農林水産大臣賞に輝きました。

 普通煎茶10キロの部において、お茶の外観・香気・水色・滋味の4点の審査項目全てが満点の堂々の1位です。
産地部門においても霧島市が普通煎茶10キロの部で1位となり、個人部門と産地部門で2年連続のダブル受賞という名誉に輝きました。

 そして、霧島市で行われる「第66回全国茶品評会産地賞並びに農林水産大臣賞受賞記念祝賀会」の引き出物として宇幸窯の急須セットを御用命いただきました。実は昨年度も霧島市のお茶農家の方が農林水産大臣賞を受賞されて、祝賀会用に急須セットをご用命いただいたのですが、それがご縁で今年度受賞の有村様にもご注文をいただく事ができました。本当に有難い限りです。



 お茶と急須って当たり前の関係なんですが、急須作りをしていてもお茶を作っている方との接点は今まで意外と無かったのです。
 お茶作りのプロの方からの依頼そしてお茶作りの関係者の方々への引き出物…
嬉しい思いと同時に気を引き締めて取り組まなければと思いました。


 
 
 

 今回は蓋の裏に受賞記念の名入れをした急須と五客湯呑みのセットで注文を承りました。


 
 
 
 急須も湯呑みも数量が多くて製造作業が大変でしたが、最後の仕上げ作業です。

 急須と五客湯呑みを化粧箱にセット組して、熨斗を掛けているところです。


 
 
 
 
 化粧箱を包装紙で包んで特注の梱包用ダンボール箱に収めました。


 
 トラックの荷台に何とか収まりました。これから、クロネコヤマトさんの営業所に行って鹿児島までの配送を依頼してきます。



 約2ヶ月に渡って急須セットの特注作業をしてきましたが、何とか無事に送り出す事ができました。
 
 最後になりましたが、春香園製茶・有村春明様、『全国茶品評会農林水産大臣賞受賞』 誠におめでとうございます。
 そして、宇幸窯の急須セットをご用命いただき、本当にありがとうございました。


急須の裏底に造り手の証を刻印

 
 ほとんどの常滑焼急須には造り手(製造者)の刻印がされています。
 場所としては、急須の持ち手の下か裏底が多いと思います。
 宇幸窯では急須の胴体が柔らかい時に裏底に「宇幸」の刻印をします。


 
 最近では農作物などに生産者の表示がされているのをよく見かけますが、常滑焼急須には以前から造り手(製造者)の刻印がされています。

 どちらも、生産者(製造者)を明確にして、消費者に安心して買い求めていただけるようにとの願いからだと思います。


  
 デパートやホームセンターなどで急須を見かけたら、刻印を探してみてください。
 もし急須に刻印が無かったら…安心して使うことができますか?



 別ページでも紹介していますが、常滑焼産地は地域団体商標「常滑焼」の商標を取得して、認定された製造者に地域団体商標の個別番号が付与されています。

とこなめ焼協同組合の組合員名簿」から検索することができます。

宇幸窯の組合員名は(有)水本陶苑
地域団体商標使用登録番号は(08-1007)です。


「とこなめ窯屋まつり」報告


 10月27日(土)・28日(日)の両日に第9回とこなめ窯屋まつりが開催されました。
 このイベントは常滑焼の造り手が使い手であるお客様と直接触れ合う機会として始まりました。

 場所は旧常滑高校です。


 
 
 
 
 恒例となった軽トラック市です。
 
 荷台にはお買い得な常滑焼が沢山!


 
 
 体育館の中の様子です。

 常滑焼と言えばやはり急須ですよね。


 
 
 常滑焼と言えばこれも有名な…

 干支の置物や招き猫ですね!



 
 
 ステージ前には…

 地元の保育園児と幼稚園児が絵付けをしたフラワーポットが展示されました。


 
 日曜日にはアルプホルンの演奏がありました。

信州の山々に囲まれた、自然豊かな伊那谷・駒ヶ根を拠点に、アルプホルンを奏でる『アルプホルン駒ヶ根』の方たちです。

 当初は屋外で演奏していただく予定だったのですが、あいにくの雨でステージでの演奏となりました。
 体育館の中でホルンの音が心地よく鳴り響きました。


帯茶こし網を交換します

帯茶漉し網急須

帯茶漉し網急須

 
日頃は宇幸窯の急須をご愛用頂きましてありがとうございます。
 
さて、急須を長年使っていて、網が茶渋で汚れたり、何かの拍子で外れてしまったという事はありませんか?
 
宇幸窯では、お客様が急須を末永くご愛用頂けるように「帯茶こし網の交換サービス」を致します。


宇幸窯の刻印

宇幸窯の刻印

 
 
1. サービス内容
・お客様の急須に新しい帯茶こし網を取り付けます。
・急須の内部を可能な範囲で洗浄いたします。

2. 対象となる急須
宇幸窯の帯茶こし急須
 
※急須の裏底に「宇幸」の刻印があります。


3. 交換費用について
・帯茶こし網の交換費用及びお渡し時の送料は無料です。
宇幸窯への送料はお客様のご負担でお願いいたします。

4. 注意事項
・欠け、ひび割れ等の破損のある急須はお受けできません。
・急須を発送する際には、梱包に十分注意して下さい。

5. その他
・急須の返送までに最大1週間程度かかる場合がありますので、ご了承下さい。

※詳しくは宇幸窯(0569-27-5117)まで電話を下さい。


地域団体商標「常滑焼」

常滑焼産地では平成19年1月に地域団体商標「常滑焼」の商標権を取得しました。
そして、地域団体商標使用登録番号が常滑焼製造者に個別付与されています。

下の画像は「とこなめ焼協同組合」HPの地域団体商標「常滑焼」のページへリンクしています。



下の画像は同じく「とこなめ焼協同組合」HPの組合員名簿ページへリンクして、地域団体商標使用登録番号の確認をしていただけます。

「宇幸窯」は組合員名簿ページ
№88 ㈲水本陶苑 08-1007 と確認できます。



  左の画像は、製造者個別の認定番号付のシールを拡大したものですが、水本陶苑宇幸窯は“08-1007番”になります。
 縦横15ミリ程の小さなシールになりますが、急須の蓋に貼って順次出荷しています。
 このシールは、急須等の製品が地域団体商標「常滑焼」であることを証明しますので、安心してお買い求めください。


電話でのお問い合わせ

電話0569-27-5117

【営業時間】平日:10:00〜17:00 土曜:10:00〜12:00 日祝定休

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら