キーワード検索 : 日本茶

ちょっと変わった「変わり急須」のご紹介②


いきなり衝撃的な急須の登場ですが...。
注ぎ口が二つあるとても変わった「二口急須」です!


 
 二つの湯呑に均等な濃さでお茶を注ぐには「まわしつぎ」と言って交互にお茶を少しづつ注ぐと良いのですが、この急須なら二つの湯呑に同時に均等な濃さでお茶を注ぐ事ができます。


 
 注ぎ口が二つある特殊な形状の急須ですが、宇幸窯の「帯茶こし」がきちんと取り付いていますので実用可能な「二口急須」です!


 
 とは言うものの二つの湯呑に均等な量で注ぐには高度な技術を要すると思いますが……。
 
 能書きをいろいろとたれましたが半分ジョークの変わり急須です。

 左手急須でもそうなのですがこの「二口急須」はさらに製造コストがかかるので、大変割高になっています。それでも興味のある方は「宇幸窯直営通販」にて扱っておりますので、よろしかったらご覧ください。


 2018/10/4 新着情報
 テレビ東京様から「二口急須」の画像を番組で使用したいと電話がありましたので、「ご自由にお使い下さい」と快諾しました。

【「テレビ東京「巷(チマタ)の噺」2018年10月9日(火)深夜0時12分放送】
 笑福亭鶴瓶さんとゲストがよもやま話を展開する番組で、ゲストの林家木久扇さんの話の中でイメージ画像に使われるそうです。

 どんな感じに映るのか楽しみです!


ちょっと変わった「変わり急須」のご紹介①

 
まずはこちらの急須をご覧ください。


 
 
普段見慣れた急須とは何となく雰囲気が違うのがお分かりでしょうか?


 
 いつも急須を使っている方はすぐに分かると思いますが、急須の注ぎ口と持ち手の位置関係が通常のとは正反対になっています。
 普段見慣れている急須は右手で扱いやすい構造になっているので、左利きの方が左手で急須を持って湯呑にお茶を注ごうとすると、とても注ぎにくいのです。

 そこで作ってみたのがこの左利きの方用の左手急須です。

 「手と口の位置を逆にしただけじゃないか!」と言われればそうなのですが、作り手側からするととても作りにくい急須なのです。
 急須に限らず物作りを生業とされている方には理解いただけると思いますが、作り手には急須の注ぎ口と持ち手の位置が頭の中に自然と入っているので左手急須を作ろうとすると作業がぎこちなくなって生産効率が悪くなります。



 上の画像は急須の焼成が終わって窯の上蓋を上げたところですが、急須の手と口が互いにぶつからないように交互に並べて積んであります。
 ここに左手急須が加わると配列が狂って、窯に効率よく商品を詰める事が難しくなります。
 
 そんなこんなで左手急須は少々割高になってしまうのですが、「宇幸窯直営通販」にて扱っております。よろしかったらご覧になってください。


「世界お茶まつり2016」のご紹介


お茶の産地静岡で3年に一度、世界のお茶が大集合する祭典が開催されます。
2001年から始まり、今年は第6回目となります。
今回のテーマは「O-CHAを愉しむ」 -O-CHAを五感で感じよう-
「世界のお茶を体験する」「飲んで、食べて、買って愉しむ」「世界のお茶を学ぶ」と言った多彩なプログラムを通して、お茶の新たな魅力を引き出し、多くの方に愉しんでいただけるようです。

常滑焼急須に無くてはならない存在の「お茶」……
お茶が無かったら急須は単なる水差しか飾り物でしかありません。
お茶の産地が世界に向けて「お茶の魅力、お茶の新しい愉しみ方」を情報発信していくのを、焼物産地から応援したいです。

開催期間2016年10月27日~30日 10:00~16:00 ※初日は11時30分開場
開催場所静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」ほか
交通アクセスJR東海道本線「東静岡駅」南口からすぐ
主 催世界お茶まつり実行委員会
料 金入場無料(一部有料のプログラムあり)
電 話054-202-1488 世界お茶まつり実行委員会事務局
ホームページhttp://www.ocha-festival.jp/2016/

農林水産大臣賞受賞茶とお便りを頂きました


 「全国茶品評会」の普通煎茶10kgの部で農林水産大臣賞を受賞された鹿児島県霧島市の春香園製茶・有村春明様から祝賀会の引き出物として急須セットを御用命いただき、無事に収めさせていただきました。
 その有村様から、祝賀会の報告のお便りと共に農林水産大臣賞受賞茶の入ったセットをいただきました。

 貴重なお茶とありがたいお便りをいただき、本当にありがとうございます。


 第66回全国茶品評会・普通煎茶10キロの部で農林水産大臣賞に輝いた霧島茶です。
 以前にも紹介しましたが、お茶の外観・香気・水色・滋味の4点の審査項目全てで満点を獲得した煎茶です。
 茶葉は一番茶と二番茶の早摘みのものを用いて、蒸し、粗揉、揉捻、中揉、精揉、乾燥という手間のかかる工程を経て作られるのが一般的なようです。
 ちなみに蒸し時間の短いものが浅蒸し煎茶で、長いものが深蒸し煎茶です。
 お茶本来の味を楽しむなら浅蒸し煎茶、深みのあるお茶を楽しむなら深蒸し煎茶がお勧めです。
 ただ、深蒸し煎茶は細かな茶葉が多くなり、普通の急須の茶漉し網ですとお茶が出にくいので、宇幸窯の帯茶漉し急須がお勧めです。


 
 2煎分(約大さじ2杯)の茶葉を取り出してみました。

 お茶の葉1枚1枚が丁寧に揉まれていて、いつも目にする茶葉よりも上品です。

 お茶の香ばしさの中にほのかに甘い香りも感じます。


 
 
 
 湯飲みで約60度程度に冷ましておいた一煎分のお湯を急須に戻して、そこに一煎分の茶葉(約大さじ1杯)を入れます。


 
 
  約3分ほど蒸らして蓋を取ると…
 
 お茶の葉が鮮やかな色になって急須の中に広がっています。


 お茶の色は透明感のある上品な金色です。

 早速飲ませていただきました。

 上品な香ばしさに、甘みと苦み・渋みが絶妙に調和していて雑味は全くありません。
 「これこそが本来の日本茶」と思わせてくれる、おいしいお茶でした。


第66回全国茶品評会農林水産大臣賞受賞の方より...

 第66回全国茶品評会普通煎茶10kgの部で農林水産大臣賞を受賞された方から祝賀会用の急須セットをご用命いただきました。

 「全国茶品評会」とは、年に一度開催される「全国お茶まつり」大会の主要イベントです。
 「普通煎茶10kg」「普通煎茶4kg」「深蒸し煎茶」「かぶせ茶」「玉露」「てん茶」「蒸し製玉緑茶」「釜炒り製玉緑茶」の8部門において、全国の茶産地から出品された茶の審査が行なわれ、その年の優秀な茶を選定し、最高賞の農林水産大臣賞をはじめとする各賞が与えられるそうです。



 今年は静岡県静岡市で第66回全国茶品評会が開かれ、先ほどの8部門に21都府県から833点の出品がありました。そして普通煎茶10キロの部で鹿児島県霧島市の春香園製茶・有村春明様が最高賞の農林水産大臣賞に輝きました。

 普通煎茶10キロの部において、お茶の外観・香気・水色・滋味の4点の審査項目全てが満点の堂々の1位です。
産地部門においても霧島市が普通煎茶10キロの部で1位となり、個人部門と産地部門で2年連続のダブル受賞という名誉に輝きました。

 そして、霧島市で行われる「第66回全国茶品評会産地賞並びに農林水産大臣賞受賞記念祝賀会」の引き出物として宇幸窯の急須セットを御用命いただきました。実は昨年度も霧島市のお茶農家の方が農林水産大臣賞を受賞されて、祝賀会用に急須セットをご用命いただいたのですが、それがご縁で今年度受賞の有村様にもご注文をいただく事ができました。本当に有難い限りです。



 お茶と急須って当たり前の関係なんですが、急須作りをしていてもお茶を作っている方との接点は今まで意外と無かったのです。
 お茶作りのプロの方からの依頼そしてお茶作りの関係者の方々への引き出物…
嬉しい思いと同時に気を引き締めて取り組まなければと思いました。


 
 
 

 今回は蓋の裏に受賞記念の名入れをした急須と五客湯呑みのセットで注文を承りました。


 
 
 
 急須も湯呑みも数量が多くて製造作業が大変でしたが、最後の仕上げ作業です。

 急須と五客湯呑みを化粧箱にセット組して、熨斗を掛けているところです。


 
 
 
 
 化粧箱を包装紙で包んで特注の梱包用ダンボール箱に収めました。


 
 トラックの荷台に何とか収まりました。これから、クロネコヤマトさんの営業所に行って鹿児島までの配送を依頼してきます。



 約2ヶ月に渡って急須セットの特注作業をしてきましたが、何とか無事に送り出す事ができました。
 
 最後になりましたが、春香園製茶・有村春明様、『全国茶品評会農林水産大臣賞受賞』 誠におめでとうございます。
 そして、宇幸窯の急須セットをご用命いただき、本当にありがとうございました。


電話でのお問い合わせ

電話0569-27-5117

【営業時間】平日:10:00〜17:00 土曜:10:00〜12:00 日祝定休

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら